ノスタルジックカーショー

昨日は雨の中、名古屋ノスタルジックカーショーへ行って来ました。
歴代の名車がずらり展示されているなか懐かしい車の前で足が止まりました。
スカイラインバンです。

0623

我家は父が勤めていた会社の車があって自家用車は僕が小学生の頃に初めて購入しました。自家用車と言っても中古のダイハツのハイゼットのワゴンタイプの商用車です。
その後に買ったのがこのスカイラインバンだったように思います。
記憶が定かではありません。もしかしたらブルーバード510系のバンを間に挟んでいたかも知れません。

このスカイラインバンが印象強いのは車が好きで・・・もう時効でしょうから書いてしまいますが、小学生の頃から親の運転を見よう見まねで覚えて父が勤めに行っている間に車庫の中で前後に動かして遊んでいました。
当然今のようにAT車なんて普及してませんしこのスカイラインにAT車のラインナップは無くMT車です。車庫の中を前後させるだけですからローギアとバックギアを使うだけでしたけどね。

母は大目に見ていたのか商売をしながらそこまで目が回らなかったのかは知りませんが動かした形跡を気づかれないよう元の位置にピッタリと戻す事にいつも懸命でした。
ある日、予想外に父の帰宅が早く急いで元に戻そうとして左後ろのフェンダー部分、スカイラインのスカイラインたる由縁にあたるサーフィンラインを柱にこすってしまった事がありました。
大きな凹みとかはないけど塗装に筋がついてしまった気がします。
バンとはいえ中古車とはいえスカイラインの命に傷をつけてしまったような気がしてその事がずっと印象に残っています。
あの時怒られたのかな気づかれずにすんだのかな・・・記憶がありません。

しかし、ノスタルジックカーショーという企画で確かに昔の車ですけどスポーツタイプの車が所狭しと居並ぶ中で、まさか我家がかつて所有していたのと同型同色のスカイラインバンに出会えるなんて思いもよらぬ出来事でビックリしました。

|