雪なのです

いつの事を指しているのかは不明だが
以前の大雪の時、その一週間後にも大雪があったとか耳にした。
その通りに今日も雪。

普段は午後に納品させていただいているお得意様に今日は午前中に納品させて頂いた。

9:38頃の様子


10:02頃の様子
FMラジオ、リスナーの投稿(2分36秒~3分10秒辺り)が面白かった。

これを書いている13時前、表は雨。

| | コメント (0)

映画のようだなと思った。

先日、山田洋次監督の映画「小さいおうち」をみた。

物語は東京郊外の平井家に奉公したタキが亡くなる前に健史に勧められ書いた自叙伝を元に展開してゆく。詳しくは是非、映画館で見て欲しい。

得意先の90歳になるお婆さんは時々ご自身の身の上話をされる。何度もお聞きしているのでかなり詳しい。

子供時代を満州で過ごした。家業は菓子製造業。満州で結婚し一児をもうけるもご主人は直ぐに出征し戦死。乳飲み子を背負い日本へ帰国し小学校の用務員を勤め上げ息子さんは大学を出て教員となるも不慮の事故で亡くなる。
学生結婚だったお嫁さんとの間に三人のお孫さんがある。その間の出来事を数年に渡り多々諸々何度も聞いている。

今日も昔話を聞いていた時に「家のお嫁さん(故人)は賢い人だったから彼女に私の自叙伝を書いてもらっておけばよかった。私は文才がないからね」と言った。

その時に「小さいおうち」の事が思い浮かび「先日見た映画は主人公のお婆さんがノートに書きとめた自叙伝を軸に展開してゆく物語だったよ。お婆ちゃんも書いてみたらいいのに」と話した。

そう、よく考えればこれまでずっと聞いて来たこのお婆ちゃんの人生も映画のようだなと思った。

| | コメント (0)

白濁の原因は土岐川というより小里川では

先日の事、意識して読もうとしたのではなくむしろ次頁へ次頁へという意識しかなかったと思うが中日新聞の頁を捲ろうとしてふと視野に入った文字。ハッキリと文字がわかったというより見慣れた文字の形に反応して頁を捲ろうとした動作をビデオになぞらえれば巻き戻して視野に引っ掛かった部分に目をやると「瑞浪」の文字。

Img_5740 読んで初めて我市が登場する松本清張氏の作品があるのを知った。
wikipediaを見たら「(旧)昭和病院」とかがモデルになって登場しているとか。昨年このブログにも書いた「四十九日のレシピ」より先に(他にも我市が登場する映画はあるけど)映画化されていたのを知った。

「陶土で白く濁っていた」と「土岐(とき)川」の事を書いているが白濁の主因は土岐川というより我家の前を流れる「小里(おり)川」の影響だろうと思った。小里川は我家から3Km弱下った地点で土岐川と合流する。その合流地点を少し過ぎると混じり合って土岐川も白くなるのだった。

何時頃までかはハッキリとした記憶はないし今、調べる気もないが少なくとも昭和50年代前半迄は真っ白だったように思う。この白濁こそがこの地方の経済の隆盛を物語っていた。
その後、環境問題等々から白濁を除去して排水するよう整備され・・・更には海外との競争で産業の衰退もあり今は綺麗な水が流れている。

冒頭の「瑞浪」や「土岐川」等々に驚いたがコラムの最後にも驚いた。それはこの「中日春秋」を書いたコラムニストが「瑞浪育ち」であった事だ。

2014年2月9日 中日新聞:中日春秋:コラム(CHUNICHI Web)

眼の壁 - Wikipedia

|

道具が無い時の対処法

道具が無い時にどうするか
知恵を絞ると?あっ!っと驚く方法があるもので



「缶切りがなくても簡単に缶詰を開ける方法」は昨年だったか見た事があった(確か、海外からの投稿だった記憶で同じ動画だったと思う)。
上手くやらないと缶詰がこぼれるなと思った記憶がある。最近の缶詰はプルリング形式が多いが参考になるなと思った。

そして今回はこちら スクリュー式キャップも多くなって来ているし、2年程前(だったか?)にはペットボトル入りのヴォージョレが発売され物議を醸し出したがやはりワインはコルクじゃないとみたいな。

SUGEEEEEE!!!!これがワインオープナーを使わずにボトルを開ける革命的方法だ! | THE NEW CLASSIC

|

トイレットペーパー

来年の事を言うと笑われるというが去年の事はどうなんだろう。

昔々その昔、商売で出るダンボールとかを古紙回収業者がトラックでやって来て買取ってくれた。
時は過ぎ回収には来てくれるが買取りはなくなった。
更に時は過ぎ回収には来なくなった。古紙回収業者の施設へ持ち込めば無償で引き取ってくれる。このパターンになって久しい。
今に持込みで引取りも有償になるのではと言う推測は今のところ幸い外れている。

昨年末にダンボールや古新聞を古紙回収業者へ持ち込んだ。
業者の人にありがとうと声をかけ帰ろうと車に乗り込む際にありがとうとの応えとは違う何かを業者の人が言った気がしたが気のせいかと思ったその時、何かを手にその手を上げながらこちらへ向かって来た。
その手にはトイレットペーパー6ロールの包み。
古紙を回収してもらって物を貰うのは数十年振りのような気がして、とても得した気分だった。

|

いただきもの

昨日お得意先の孫娘さんの挙式が修道院で

両親を亡くしお婆ちゃんと住んでいた。
春から車で2~30分の所で新しい暮らしを始めていた。
週に何度かお婆ちゃんの様子を見に来たり休みの日には庭の手入れに来たり。
先週はほぼ毎日、結婚式でみんなに配るのだと菓子を焼きに仕事が終わってから来ていると言っていた。

このお宅には週に2~3回午後にお邪魔するのだが今日はその時間帯に会合があり夕方に
「今日は来ないのかと思った。来るのを待っていた」と
「式で飾られた花を見てもらおうと思って、ほら」って座敷のテーブルの花を見せてくれた。撮らせてもらったが残念ながらその花の写真はボケてた。

そして、そのテーブルに9枚の10円と10枚の1円硬貨が積まれていて「小銭がたまって重いのよ」と両替を頼まれた。



Img_5411 それから「これをあなたにあげようと思って待ってたんだよ」と
孫娘さんが焼いたクッキーを頂いた。




ご注文ありがとう御座いました。
重詰めおせちのご予約は締め切りました。

|

11月になった。

穏やかな陽射しの午後夢商品券年賀状販売開始の幟。

何度か撮影の現場に出会ったりスッタフを見かけたりした映画『四十九日のレシピ』 が封切られるのも今月。

予告編を見ると地元の者には殆ど何処か判る。

「とうてつ」や「JR中央線車内風景」、壁にある「カレンダー」にも「お!」っと声を上げたしまった。

|

花梨を頂いた。

Img_5195

お得意様の庭にある花梨の木。
春先に地面に落下している実を見て「ちょっと変(歪)な形の梅ですね」と言って「梅ではなく花梨だ」と教えられた。
頂いた物の中からひとつ、次にお邪魔したお得意様にお裾分けした。

|

ふうせんかずら

Img_5027 お得意先の庭先にある「ふうせんかずら
そのを頂いた。

二階のベランダから吊るされたネットに巻きつきあさがおと共に上へ上へと自然のカーテンの役目。その外見はほおずきの緑版とでもいうのかただ膨らむだけのものと思っていたが調べると白い花が咲くようだ。
Img_5028 そして時と共にその緑もやがては枯れる。ネットには緑の膨らみと枯れたもの枯れつつあるものが共存している。
かつて映画「結婚しようよ」の封切時に映画館でこの「ふうせんがずら」のが配布された。


映画「結婚しようよ」 : 吉田拓郎「結婚しようよ」が映画化!中ノ森BAND AYAKOが名演 / BARKSニュース

Img_5029 封切りより後に行った私に友人がお裾分けとして数粒を送ってくれた。種は黒地に白のハート模様。中に「手間要らずで簡単に出来る」とMSGが添えられていて折角お送り頂いたのだから大切にと当時も検索して蒔き時や蒔き方を読んで植えたのだが全く無反応で申し訳けない思いだった。


この種を使ったさるぼぼの飾りを得意先や親戚の玄関先で目にする機会が多い。「苦難が去る」という縁起物らしい。

Google 画像検索

今度こそは咲かせようと大切にとってある。

プロ野球セリーグはジャイアンツ、パリーグはイーグルスの優勝が決まった。今シーズンナゴヤドームで最後に観戦したジャイアンツ3連戦中、ドラゴンズが勝った水曜は外し敗戦の火曜・木曜を観戦。今シーズンは6戦3勝3敗の観戦成績だった。7番8番ゲートへのドーム外周通路に西日対策かネットが掛けられそこにはあさがおとゴーヤが蔓を巻いているようだった。来期はふせんかずらもどうだろう。

フウセンカズラ(風船蔓)の花言葉(花ことば、はなことば):花言葉の贈り物@花言葉が届けるあなたの想い

|

この手があったか!

O 今日届いた残暑見舞いのはがき
住所と宛名が凄い
住所 〒509-6103
    瑞浪市稲津町小里に
宛名 お住まいの皆様へ
これ全戸配布したのだろうか?
他の郵便配達物があった家についでに配っているのではという人もいたが
そうなると重複して届く家と全く届かない家があるのではないか?
送り主は町内のお店
文面は店の紹介と
このはがきを持参の上500円以上のお買い上げで粗品進呈
-----------------------------------------------
  • 2013 イヅツワイン御予約承り中!
  • 当店販売実績No.1の調味料 ヤマコノ ギフトセット
  • 「千古の岩酒造」さんの“夏ギフト”
  • 美味しいお酢のドリンク ミツカン「ビネグイット」シリーズ
  • 瑞浪市内無料宅配のご案内
  • |

    より以前の記事一覧