歴史的瞬間に立ち会えた幸せ

昨夜はナゴヤドームでセ・パ交流戦「vs.ホークス」観戦に
岩瀬仁紀投手の「287セーブ、プロ野球記録更新」の瞬間に居合わせる事が出来た。
スポーツ紙は勿論、一般紙にも取り上げられているが
中日スポーツの高津臣吾・佐々木一浩投手との比較記事は興味深い。

昨夜は精彩を欠く主力のせいもあって若手の活躍が目立った。平田、堂上直、野本。
観戦には毎回かさばらない事もあって子供達が小さかった頃に買った小ぶりの応援グッズを持って出かける。

Img_7977その相当年季の入った応援グッズ。
7回平田のタイムリー2塁打、直後の初球タイムリー安打を放った堂上直の場面で青い部分折れ9回裏岩瀬が記録を達成した瞬間に残っていた部分も折れた。
次回は新調せねば

岩瀬投手が287セーブ、プロ野球記録を更新です。 from Dragons 中日ドラゴンズ-公式写真ブログ

監督は素人に何が判る、ファンは好きな事を言っていればいいって言うんだろうけど
若手の活躍を見るにつけ思うのは開幕から長期不振の森野選手、再登録はされたものの??のグスマン選手等々を使い続けるより10日間登録を外しミニキャンプで徹底的に調整させ、その間開幕からファームで絶好調でやっと一軍登録された中田亮や代わって抹消されながら翌日から大暴れの堂上剛その他ファームで活きのいい選手を使ってみるのもいいのではと思う。

|