« 五日えびす | トップページ | 「ビール券まつり」春のプレゼントキャペーンのお知らせ »

母校が今年度限りでなくなります。

一月程前の事です。
正式名は知りませんが授業の一環なのでしょう、町内のお年寄りと中学生の交流会の様な催し物がありご近所さん達と我が母も参加。
帰宅後に「これ、歌える?」と二枚の刷物を見せられました。

母校「稲津中学」は今年度で終わり隣り町の「陶中学」と統合されます。

私が通った校舎は既に無く今の校舎は移転したものですがあくまで「稲津中学」。我子等が通った学舎でもあります。
統合後もその校舎が使われるのですが「稲津中学」は今年度で消滅するわけで“校歌”も後数十日という事になりました。







我々同級生は小学校から中学校(正確には保育園から)ほぼ同じメンバーで過ごしました。その同級生で毎月一度、飲み会を開いています。

遅まきながら昨年末の忘年会からそのLINEグループが立ち上がりまして、そちらへこの校歌のプリントを投稿したところ「来年開催予定の同窓会で歌おうか!」という声が上がりました。

ちなみに
この校歌の作者はどんな方なんだろうと作曲者は分かり易いお名前だったのでネットで検索してみたら我「稲津中学」のみならず「陶小学校」他東濃地区の学校の作曲をされている事が分かりました(そこから先は調べていません)。

堀江義行 作曲 - Google 検索

|

« 五日えびす | トップページ | 「ビール券まつり」春のプレゼントキャペーンのお知らせ »

地域」カテゴリの記事