« 制服 | トップページ | 一瞬の雷鳴雷雨稲光 »

身近で撮影された映画

Page 瑞浪がロケ地となった「四十九日のレシピ」を先月末に文化会館で鑑賞。
映画を観た後に家族が持っていた原作も読んだ。今もロケで使われた家にキャストが暮らしているような感じがする。

今日、九州の友人から試写会のチケットが当たり岐阜県の明知鉄道が撮影に協力した映画の試写会に行って来たとメールが届いた。

全く知らなかった。調べたら明日5/10封切りで殆どは三重県でのロケだったようだが鉄道のシーンを明知鉄道で撮影したようだ。

岐阜県の明知鉄道が協力を申し出てくれたのだ。現在も現役で走っている旧式ディーゼル機関車“アケチ6形”をフル稼働し、ローカル列車で村にやってくる勇気のシーンから無事クランクインすることができた」
PRODUCTION NOTES|映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』公式サイトhttp://www.woodjob.jp/pn.html より

明知鉄道公式サイト
Akechi Railway Co.ltd - 明知鉄道株式会社
中日新聞の記事
中日新聞:映画「ウッジョブ」マーク付け運行 明知鉄道:岐阜(CHUNICHI Web)
http://bit.ly/1fTHOmC

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』公式サイト
機会があればと思う。

|

« 制服 | トップページ | 一瞬の雷鳴雷雨稲光 »

地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 制服 | トップページ | 一瞬の雷鳴雷雨稲光 »