« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

本日夕方 ON AIR です。

Img_4448_2

当店からのお知らせ

|

やっと入梅したのでは

ここ数日の天気に思う。
随分早くに入梅宣言(とは今は言わないか)したけどその頃はまだ入梅していなかったのではないか。こ数日前からやっと梅雨らしい天気になった。
Budo_2 高校の同級生の工場へ出向いた時に写した葡萄の写真。彼が2~3年前から鉢植えしてトライしている。昨年収穫したものを一房貰た。本人は「他人様に差し上げられるような代物ではないのだが」と言っていたが甘くて美味しかった。
今年も育てていて「粒がまばらで空き空きでダメだ」本人は言っているがこれまでに比べて一番勢いよく育っているように思う。いや、ゴチになるためにお世辞言ってるわけではない。そもそも彼はこんな事を書かれているなんて知りはしない・・・はず。

当店からのお知らせ

|

咄嗟の時に役立てるだろうか考えた。

いたるところで目にする「AED」だが咄嗟の時に果たして使えるのだろうか?
講習を受けた事も無くはないのだが、正直なところ真剣に取り組んでいなかった。Img_4439
日進月歩で機器の性能は上がり誰でも使えるように進化してきているとニュース等で見聞きするが緊急時に冷静さを欠く事無く使いこなせるのか「人命」「電気ショック」等々思うと自信がない。
Img_4447 今朝、新聞を捲っていたら目に入った写真。「ん?」っと思うところがあり記事を急いで読んだ。お得意先様が表彰されていた。5名による連携プレーで事なきを得たようで、知っている人がその中にいる事で誇らしげな気分になれたのと同時に果たして自身がその立場にあった時に役に立てるのだろうかと思う?マークで一杯である。

|

中日新聞プラス (@chuplusjp)を読んでカードの勉強

P1070998_2 先日、主に名鉄を使う友人が「manaca(マナカ)」を利用し始め乗り継ぎが便利だと利用を勧められた。
だが、最寄駅から利用するのはJR中央線のみ。私鉄との競合も無く選択の余地はない。
今後、(生きてる間に)私鉄が走ることはまずないだろう。
JR(中央線)以外に使うのが名古屋市営地下鉄、たまに名鉄、野球シーズンに名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)
先日、名古屋へ出かけた家の者がその日JR以外の利用があって金山駅で時間があったからと「manaca(マナカ)」を買った。地下鉄、私鉄とその都度切符を買う必要がなく便利だと言っていた。

前から興味はあって利用するなら「manaca(マナカ)」だなと思っていた。今度、名鉄の駅を利用する際に購入しようかなと思っていたところ、ツイッターでタイムリーな情報が発信されていた。

ざっと流し読んでみた。以前他で読んだものよりは判り易く参考になると思ったが頭が悪いので直ぐには飲み込めない。・・・でも、利用するなら「manaca(マナカ)」だなという思いがあるから完全に理解するに至らずとも選ぶならば答えは決まっている。
尚、私、「中日新聞プラス (@chuplusjp)」「manaca(マナカ)」のまわしものではありません。
(画像は最寄駅ではなく松阪駅)

|

同じ病気だった。

Img_4405 午前中にお伺いしたお得意先の独居女性、包帯をした右手がパンパンに腫れあがっていた。
「どうしたのですか?」と尋ねたら先週末に手術をしたとの事。「もしや?」と思い話を伺ったら「やはり!」
4月の終りに母親が左手の手術をしたのと同じ病気だった。
家の母は左手だったがお客様は利き手の右で術後は水に濡らしたリハビリ目的にグッパ、グッパ的な動きはしたほうが・しなければ、心掛けねばならないがその他は手に負担を掛けるのは厳禁。家の母は手術したのとは反対の右手ならいいだろうと畑仕事をして手術した左手が腫れて慌てた。
風呂はビニール袋で覆って輪ゴムで留めて濡れないようにしているが使ってはいけない水に濡らしてはいけない等々言われても独り暮らしだから例えば食器を洗ったりその他家事もあって使わないではいられないと仰っていた。
最短でも三ヶ月は大事にしないとと医者に言われている。だいぶ調子もよくなって来たようだが術後一月半程の母、まだまだ痺れも残っているという。
写真はその母がした仕事。

|

空梅雨

台風三号は明日には熱帯低気圧に変わるとか
朝から晴れて気温が上がり蒸し暑い。
殆ど雨が降らない。
小里川ダムで調整をしているのかも知れないが
川底が見えるほど小里川も少ない。
この冬は雪も少なく大地に滲みた水分は少ないだろうから夏場の水不足が心配だ。
一気に降るのではなく梅雨は梅雨らしくシトシトと降って大地を潤してほしい。

|

土手の草を食むヤギ

先日の新聞記事のヤギを見てきました。

P1090023
三箇所に分かれ三頭いたが二頭はテントの陰で休んでいた。
テントから土手の上に向かって綱が張られその綱にリングで繋がれた綱がヤギの首輪へ繋がれてその綱の範囲内がヤギの稼動域となっている。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »