« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

花火

新聞その他で花火大会の記事や情報が沢山伝えられるこの季節。
今夜、いつものようにウォーキング中、国道19号を西に向かい小田辺りで和合方面、その先の土岐市肥田町近辺と思われる空が光って、また稲光かと思ったのだが・・・数回目に花火の光と気づいた。今夜は土岐市の花火の日だったようだ。山間から見えるだけだしイヤホンでラジオナイター中継を聞きながらで音まで堪能するというわけではなかったが思いもよらず見られ儲けた気がした。

子供の頃、家業の関係もあり家族で出かけることと言えば元日の初詣位だったが一度だけこの土岐市の花火大会を見に連れて行ってもらった事がある。仕事のトラックに家族全員が乗って19号から21号へ入って渋滞の車窓から遠くの花火を見た。

帰りに益見の交差点で警察の検問があって免許の提示を求められ
「どちらへ行かれますか?」と言う若い警官に「家に帰るに決まっとるやないか!免許証の何処をみとる!」と毅然と言った父の言葉を何故だかはっきり覚えている。

明日は多治見市の花火大会だ。流石に多治見の花火は瑞浪からは見られない(と思う)。駅間は電車で12分、行くなら車より電車だろうなと思う。

|

夕方の風

多治見の気温が高い理由の一つに盆地で風が通らないことが上げられている。
当地区は多治見どころではない狭い地域360度を山に囲まれた究極の盆地だ。
目の前に川が流れていて涼しいだろうと言われるがそうでもなく
東に向いていて朝陽がまともに照りつけ夕方は背後からの西日の影響を受ける。
南北は両隣と隣接し風の通りはよくない。

昨日の夕方、前回は何時だったろう、そんなに経ってないはずだが膝辺りまで伸びた畑の草を一時間ほど刈った。まだまだ刈りきれていないがキリがいい所で燃料が切れた。
連日の暑さの中、なかなか時間をかける気力が湧いて来ない。自分には一時間ほどが丁度いいくらだ。昨日は幸いにも風が吹き空気の流れがあって多少暑さを感じないで出来た。
日の出、日の入りが確実に早くなって来た。昨日の夜歩いた時間帯は前日迄より気温が低く500mlのペットボトル一本で足りた。
西から東へ歩く箇所で前日は斜め右(南東?)に見えていた月が昨夜は進行方向目の前(東南東?)に更に赤味掛かってルビーグレープフルーツの果肉の色のように見えていた。

|

月と稲光

ウォーキングのコース10Kmを東西南北で大雑把に表すと
南⇒北、東⇒西、北⇒南、西⇒東、北⇒南、西⇒東、南⇒北へ

昨夜は北の空が曇り、雲の裏で短い間隔で稲光がフラッシュし続けるも西の空は雲がなく星が見えた。

満月という事だったがスタートした19時半過ぎは観られそうにないなと思った。雨に降られず帰宅できるだろうかそれが心配だった。

梅雨明け前後から500mlペットボトルにお茶を入れて歩いている。最近は我慢すれば我慢できないこともないと思うが500mlで足りず途中の自販機で空になったボトルをゴミ箱に交換に500mlペットボトルを購入する日もある。日曜は炎天下のナゴヤ球場で日焼けしたからか歩いていても暑さを感じなかった。

終始北の空は稲光のフラッシュが続いていたが行程の半分を過ぎた頃、歩き始めは雲の占める割合の方が圧倒的に大きかった空も半々位になり南東の空に少し赤味掛かった月が観えた。西⇒東へ歩きながらやや斜め右前方に月、左側は稲光が雲の輪郭を絶えず浮かび上がらせていた。

毎晩満ちて来た月灯りに比べ昨夜の満月の灯りは少し弱々しく感じた。
家から持って行ったお茶を飲み干し途中でお茶を購入した。

|

肌をジリジリ焦がす

お昼頃に温度計は40℃近くに
肌をジリジリ焦がすような暑さの中、今日は「土用の丑の日」「うなぎの日」当店も御予約分を土曜日と本日との二回に分けて焼いた。

Image451 Image452_2 Image455

肌をジリジリ焦がすような暑さの中といえば今日は夏の甲子園岐阜県予選の決勝戦。地元(と言っていいだろう)土岐商が県岐商を4-3で破って優勝!
配達中は車のラジオで聴いていて、帰宅後テレビを観ていたら母校であり戦況が気になる弟から電話がありその後はイニング毎にメールで得点経過を送信。
「試合終了 土岐商4-3県岐商」と送信後まもなく弟から電話が入った。

前日は我息子二人が通った多治見高校と土岐商の組合せと地元東濃の高校の躍進で予選でこれだけ盛り上がったのは久々な気がする。両校とも県立校でメンバーが地元の中学出身者という事も親しみを増す。

そう言いながらも実は昨日はナゴヤ球場のドラゴンズファームの紅白戦観戦に行っていた。川相監督のブログで山本昌と小笠原の先発で無料で観られると知って急に思い立って出かけてみた。

P1070619 P1070620 P1070621 P1070623 P1070624 P1070625 P1070626 P1070628 P1070631 P1070633 P1070634 P1070637 P1070638 P1070641 P1070642 P1070645 P1070646 P1070647 P1070648 P1070649

球場が改修されてから初めて・・・それどころか20年ぶりではないだろうか球場内へ入った。
肌をジリジリ焦がすような暑さの中、主にネット裏三塁側中段辺りに座った。紅白戦だからどちらに拘ることも無かった(事実、両軍のプレーに歓声や拍手が沸き起こっていた)が・・・改修されてナゴヤ球場はフォームチームが三塁側(室内練習場やロッカールーム等々が三塁側にあるため)なのだ。
炎天下の元観戦して汗だくになりしっかり日焼けして帰って来た。Twilog

Image836 ナゴヤ球場がホームグランドだった頃、近鉄がパリーグの公式戦を主催していた。ドラゴンズ戦はセンター~ライト外野席での観戦が主だったが、ネット仲間が仕事の関係で近鉄球団と取引があった関係でネット裏で観戦した事があった。この画像は四半世紀程前、ネット裏で近鉄のゲームを観戦した時のものだ。

|

熱風

っていうと大袈裟かもしれない。
昨日の午後原付で往復40分程出かけた。
アスファルトの照り返しで信号待ちの暑さはいうまでもないが、走っていても温風の中というか熱風が吹きつけて来る感じだった。
Image436 連日食中毒警報が発令されている。食中毒警報は発令後48時間で自動消滅するらしいから発令は一日置きという事か?

食品衛生営業許可を受けて商売をしている。そのうち「飲食店営業」「魚介類販売業」「食肉販売業」「乳類販売業」が8/31で満了となり(今は)5年に一度の「食品衛生営業許可継続」の手続きの年で昨日が申請通りかどうかをチェックする多治見保健所の「立入監視」の日だった。

自分自身が日本食品衛生協会岐阜県支部多治見支所の食品衛生指導員を嘱託されており毎年この時期は「食品衛生営業許可継続」のお手伝いをしている。昨日は自分が担当する町内の半分の地域中6軒(半分は別の指導員さんがおられ当店の担当はその方)が「食品衛生営業許可継続」の手続きの年で多治見保健所の「立入監視」に同行した。7月の申請に始まり一連の手続きは終了。8/19が営業許可指令書の交付予定日だ。

|

サボテン系

系は余分でサボテンの一種で名前を聞いた気がするが忘れてしまった。
Image419 Image420
見た目、ワニが大口開けているように見える(見えない?)歯に当たる部分がポロリと落ちると落ちたところから根付いてくるという。手間要らずというか、たいして手入れをしなくて済む品種らしいって事で、その落ちた葉?を貰って来て昨日鉢に植えて(正確には置いて)みた。
Image428 Image429
さてどうなる事やら・・・と書きながら観に行ったら既に一つは根が付いているようだった。さてどうなる事やら

|

毎年恒例稲津経済同友会「カーブミラー清掃」

Image418_2 昨夜、出かけた時はなるべくそうするようにいつものウォーキングの補填にと駅から歩いて帰り道、半月よりやや出っ張ったお腹のような月が赤味掛かって見えていた。風呂上り汗が引くのを待って寝付いたのは1時前後だったろう。
暑さでこの夏一番の寝苦しい夜だった。
大丈夫かなと思ったけど、一度3時ごろに目覚め次に「あ、寝すぎた!」と飛び起きたのが4時57分、携帯のアラームを5時にセットしていたので自力で起きた自分は偉い!(が眠い)と思いながら時間に遅れる事無く、朝5時半東濃信用金庫稲津支店集合、数班に別れて町内のカーブミラー清掃を実施。
この行事の名ばかりの幹事を仰せつかっており「お疲れ様でした」のご挨拶をさせて頂きました。

|

局地的大雨だったようで

昨日は一日梅雨の時期だから当然とはいえ蒸し暑く、夕方、一気に強い雨が降り出した。6時過ぎから7時半前後にかけては稲光に雷鳴も混じって特に激しくその時間帯に配達に出る際は長靴を履いて出かけた。

8時前後には雨は上がりが稲光に雷鳴は続いていたが雨は小止み営業車の間欠ワイパーでは間隔が早いくらいだった。
カーラジオで野球中継を聞いていたが途中何度も「野球中継の途中ですがスタジオから大雨に関するニュースをお伝えします」と情報が流された。
多治見で960世帯に避難勧告が出されたという報は同じ東濃地方でしかも道路で20km車で30分圏内で起きている出来事として信じられないような状況だった。

可児市や八百津町の状況を伝え聞いて驚くばかりだった。
弟一家が可児に住んでいるが弟は県外に単身赴任中、深夜に弟に状況を把握しているかメールと電話でやり取りした。今朝も確認したが幸い弟一家には被害は無かったようだ。

市内でも5棟が床下浸水の被害が出た模様。
今から40年弱前、昭和47年に洪水があった。我家の前の橋に最大で橋の上に水しぶきが掛かる道路と水面が殆ど同じに迄水位が上がった事がある。
同級生の家は土砂が入ったり床上浸水にあったりした。
水が引いた後の橋げたに10Km近く上流から流された8tダンプが引っ掛かっていた。
その後、川幅が広げられ護岸工事が施され、更に今は上流にダムが出来、大水を見ることはなくなった。

流石にこのところの雨で水量は多いがダムが出来た加減で晴れた日に水量が多く逆に雨の日に水量が少なかったりと何だか不思議な光景を目にすることが多い。

|

土砂降りの雨の中

毎年同じことを書いているようで
今朝のひとっ走りは去年の今日のブログに書いている事と同じ事の為だった。

効率よく配達できるよう前日にコースを組んでおいて商品を車に乗せ出かける。
明け方に届いてる商品を取り込む時「小雨か」と思った。仕分けをして「さぁ行こう!」と出かける頃になったら土砂降り。土砂降りも土砂降り大土砂降り。

でも行かねばならぬと車を走らせる。
車から玄関までの数メートルの往復でずぶ濡れ。
帽子もずぶ濡れ、ポロシャツの袖から雨が滴り、ズボンも靴も
日頃の行いが悪いのか・・・配達している間中土砂降りだった。

毎年同じことと言えば、ここ数年、夏の暑さ対策で運転席と荷台をベニヤ板で仕切ってきたが今年は贅沢をしてホームセンターで薄手のシート?(テーブルクロス等と同じ売場にあった計り売りのもの)と突っ張り棒(ねじ式で伸縮するバネの力を利用する奴)を奢り取り付けようと・・・

アイデアは良かったのだが車の内張りは軟くて(紙製のようだ)突っ張り棒を渡そうとしたら凹んでしまい突っ張ってくれず計画は頓挫。

さてどうするか・・・
現在走行距離13万数千Kmの営業車、流石に距離が出てるだけにサスに若干のヘタリを感じるものの特に問題なし元気な働き者。故障したり事故らない限り乗り続け乗り潰すつもりだ。
大工さんや内装業の方々が電動工具で釘打ちするのにヒントを得て昔ながらのホチキスを180度に広げ車の天井内張りに打ち付けてみた。薄手のシートで軽いのでバッチリ装着完了!汗っかきだから夏用のクッションも新調。

Image422 Image421

毎年同じと言えばこの時期、胃・大腸癌検診で昨日はバリュームを
同じ月のブログを振り返ってみると当たり前ではあるが本当に日々の暮らしは同じことの繰り返しが多いなと思う。

|

「最近は街路灯の下で親子で探す姿とか見かけなくなったし、何処の家にちいさい子供がいるかも判らない」と母が言った。

僕が子供の頃は山へ行って探したりもした。それをしなくても店の街灯や明かりをめがけてカブト虫もよく飛んできていた。雄が来なくなり雌だけになり大きさも小さくなって行き、その内、カブト虫は来なくなりその後クワガタも同じような道を辿り・・・
でも、最近またクワガタの飛来が戻りつつあるような気がする。

昔は親子や子供だけで探している人に声を掛けると喜んで貰ってくれたものだが冒頭の母の言葉に象徴されるような状況だ。

「今の子供はクワガタとか欲しくないのか、喜ばないのかなぁ」という母に
「今は探したりしないでホームセンター他で買うものになってしまったんじゃないか」と僕は答えた。

Image428 Image429

今我家には虫かごもないのでペットボトルを切った容器に入れて果物のネットを被せて貰い手を捜している。

P1070333 数年前にネットで家のビールの空瓶置き場で写した画像をネットにアップしたら北海道の友達が蟷螂(カマキリ)を子供に見せたい。北海道には蟷螂は生息していないと言った。
それが始まりで生きた蟷螂と蟷螂の卵を北海道へ宅配便で送った事がある。当地区からは発送日+2日で、関西から送った友達は+3日を要して北海道へ。
届く前から届いた時の、そしてその後の様子を逐次ネットで報告してくれたそんな懐かしい思い出がある。

|

続・質感に賭ける

当たりました!
毎週火曜日の中日スポーツのクロスワードクイズ「ドラゴンズクロス」
多分、黄ばんだ郵便番号欄が5桁の40円の官製葉書に10円切手を貼って出した分だと思われます!

新聞紙上で自分の名前(県市まで書かれている)を見たとき「やったね!」と思いながらそう言えば市内に同姓同名の方がみえる事を思い出し、現物を手にするまではと思いましたが・・・届きました!現物が送られて来ました。

Image414_2 Image416_3

図書券が当たり、カープ戦チケットも当たった妻にサマージャンボを買わせようと家族会議で(嘘、そんなのしてない)決定しかけていたのですが・・・作戦変更になるかも。

十数年、サマー&年末ジャンボの9割方を妻に買わせていますが最高3,000円しか当たっておらず・・・今回は僕が買った方がいいんだろうかみたいな

しかしながら「ドラゴンズクロス」の当選率を元に判定するならば妻の方が圧倒的に当選率はいいのです。

|

質感に賭ける

毎週火曜日の中日スポーツのクロスワードクイズ「ドラゴンズクロス」
賞品が内野席チケット、図書券等々
どうせ当たるわけがないと思っていたがこの春からちょくちょく応募している。

我奥さん、彼女はこの手の懸賞に(比較対象がないけれど)よく当たる。
かつて仕事の関係で関東地方に住んでいた頃、ラジオのプレゼント企画や新聞の懸賞に応募し、応募者が少なかった事もあるのかもしれないがドラゴンズのオープン戦、千葉マリンのマーリンズ戦、西武球場のライオンズ戦に当選し家族で観戦に出かけた思い出がる。

千葉マリンはとてつもなく大きな球場で風が強かった。山本昌で勝ったと思う。西武球場はまだ屋根が付く前で終点の駅からそのまま球場へなだらかな坂になっていて自然の中に溶け込んだ球場だった。朝から雨の日で中止になったら遊園地で遊ぶことにしようと出かけたが小雨や曇りの寒い中試合は行われた。勝敗等は記憶に無い。

Image416 この「ドラゴンズクロス」は毎回簡単に解けるのだが先月一度だけ解けない日があった。「ダメだ」と投げ出した僕の後を彼女が解いて応募。それが見事当選!内野席チケットをゲットし息子と勝ち試合を観戦してきた。因みに僕は今季まだ勝ち試合を観戦していない。

僕は春から応募し始めたきっかけはシーズンオフに彼女が同じ「ドラゴンズクロス」を解いて次男の名前で応募して「図書券」をゲットした。それに刺激された事もある。

最近は毎週応募しているのだが当たらない。お年玉年賀はがきの番号で当選したはがきがなくなった時に「切手があるから」と言われ何処かで貰った和紙のはがきを「官製はがきより質感が違うから抽選時に引かれやすいかも」と渡され「そんなの関係ないだろ」と思いながら当選女王の経験談に期待して応募・・・やはり当選しなかった。

昨日、商工会議所の2Fの会議室を借りて「食品営業許可継続申請」があった。その際に商工会議所内酒販組合支部へ会費の納入を行った。会議所のカウンターに七夕祭りを知らせる絵葉書があったのでもらって来た。
Image409_2 Image415
今日はその絵葉書で応募してみた。

ゆうパックのトラブルが伝えられている。部門が会社が違うのかも知れないが、昭和の人間としては一括して郵便局、ちゃんと届けてくれよ!

|

変わらないもの

毎晩歩いているコース途上、民家も街路灯もない緩やかな登り道。登りきった先が緩やかに左にカーブしているが交差点等なく車は普通に走行していればノーブレーキでその左カーブを曲がり視界から消えてゆくそんな山の中の道。

その坂道の歩道を登っていく僕を車が追い越していった。普通ならそのまま左にカーブしながら視界から消えてゆくはずが暗闇にストップライトが赤く光る。
そんなにスピードが出ているわけでもないのにこの道に慣れていないからブレーキを踏んだのかなと思った。
普通ならブレーキランプが消えるか消えないうちにそのカーブを曲がって行くはずがカーブの手前で停止した。停止後直ぐに走り去った。

何してんだろって思いながら僕はブランコのHRの1点だけ、エースの吉見と相手投手の好投、互いに後一本が出ずチャンスを潰しあっているだけの貧打戦、そんな阪神戦をイヤフォンで聴きながら歩いていた。

坂道を登りきる頃、後方から3台の車が登って来た。そしてそのカーブで大きく反対車線に出てその左カーブをクリアして行った。

そのカーブに差し掛かった僕はガードレールに寄って車が避けて通った辺りをライトで照らした。
タヌキかハクビシンが暗くて色までは確認できなかったが自らの血の輪の中に倒れ、僕が当てたライトの光にグリーンのような獣の瞳が反射していた。
坂を登る途中に停車した車に撥ねられたんだろうと思った。

この道路は数年前に市が企業誘致の為に山を削り造成した工業団地へのアクセスをよくする為に切り拓いたものだ。
元々は獣達の住処だったのだろう。

イルカを知ったのは僕が中学の頃だった。
数枚のLPと彼女の著書を持っている。そう言えば中学、高校他友達に貸して、その後に貸したまま返って来ない著作もあるな。

ネットショッピングのポイントでを利用して多くの本を読んでいる。そのポイントを利用し高校以来かな、イルカさんの本「もうひとりのイルカ物語 なごり雪の季節に旅立っていった夫へ」を去年か一昨年に購入した。
icon icon

知ってること知らなかった事、多くを知った。

何時までもあの頃のままのつもりで居てもイルカさんはお婆ちゃんになり僕がイルカと出会った頃より僕の子供は大きくなっている。でも、一貫して変わっていない彼女。一昨年にみたステージといい、今の彼女があの頃を思い出させてくれる。

|

あちこちで見かける

あちこちとは何処?何処で何を見かけると言われると、その答えはネット上で
そうです「7月」なのです。

昨夜、歯磨きを終え寝る前にいつものように明日にむけてその日(6/30)の日めくりをめくった。7/1が現れるかと思ったら6/30と7/1の間に一枚「暑中お見舞い申し上げます 盛夏」と・・・そう言えば去年もそうだった。

Image418 Image419

同じ会社の日めくり。きっとその前もそうだったんだろう

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »