« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

東濃版は町内の話題でいっぱい

080926_1 今朝の中日新聞東濃版は町内の話題が三つ掲載されていました。
今度の9/28日曜日に26年ぶりに開催される「町内運動会」の話題と
毎年この時期になると各地のニュースでも取り上げられる小学校の「稲刈り」の話題
町内きっての企業西尾建設さんが「優良水道事業施工業者表彰」を受けられた話題

東濃版は多治見支局、恵那通信局、中津川通信局、可児通信部が担当している中、
瑞浪市の話題ならまだしも町内の話題でこれだけ一気に掲載されるのは珍しくないかなと思います。

26年前の町内運動会は記憶にないです。多分、若かったから「そんなの出てられるかよ」 みたな僕だったと思います。若くてもちゃんと参加されていた方々は沢山お見えだったと思いますけど・・・
記憶にあるのは運動会ではないですが地区ごとにチームを組んで町内駅伝があった事を覚えています。今も地区の羽広公民館には当時の写真が掲げてあって家の父も選手として写っています。

小学校の「稲刈り」は・・・稲刈りというか稲作ですね。これは5年生の授業と関連していて080926_2ずっと続いています。以前は小学校内で行われていた餅つきも、ここ最近は秋の町民文化祭の中で行われ会場内にいる町民に振舞われます。
ギター教室に来ている子供たちが僕のところへも持て来てくれる瞬間が嬉しかったりするのです。

|

今年も例年通り年賀状のご予約承ります!

2 郵便局から案内のチラシと申込用のはがきが届きました。3
去年は民営化初年度で随分、力が入っていたように思います。
さて、今年は如何でしょうか?
当店でもご予約承ります。

去年の事は良く覚えていないけどこのチラシやはがきを見て思うのは
いい所取かなって事です。

以前はこの申込みはがきに受取先として販売所を指定できる欄があったのですが
今年のを見ると・・・
4 ----------------------------------------------------------
  ■ご希望のお受取り方法に○を付け、必要事項をご記入ください。
  郵便局の窓口(     郵便局) 配達(配達希望日: 月 日)
----------------------------------------------------------
このようになっています。
選択肢から外されています。
我々はもとから土俵にあげてやらないぞって感じなんでしょうか・・・

でも、これは「民営化になりサービスが向上した」とか「(郵便局間の)競争が
生まれて良い」という評価になるのでしょう。

これはほんの一例で一事が万事とは言わないまでもそういう流れは郵便局に始まった事ではなく何かにつけ多いです。こういうと何もしないで既得権益を主張しているように思われるかも知れませんね。

例年通り当店でもご予約承っております。
当店でも当店配達エリアの客様には発売日以降、ご希望日にお届けにあがります。

|

台風一過の青空

そんな感じの朝でした・・・が、よく考えたら当地区台風らしい状況も無く
強いて言えば夕方から夜にかけ多少雨脚が強かったのかなってなくらいでした。

P1030286 先週の土曜日が中学校、今日が小学校で来週は幼稚園の運動会。
今日、小学校の近くへ配達に行った際に今流行りの崖の上のポニョではない
崖の上からぷよぷよ体型の僕が撮影した一コマ

もう義務教育を受ける子供はいなくなったから何もかも判らない、懐かしい光景でも
ありました。

人間誰しも自分の目の前の出来事が全世界的発想になりがちです。
テレビ等でビデオムービー機のCMなどを目にすると、今でもこんなの売れるんだ
ろうか?って思いがちですが、こういう年代の親子には欠かせないものなんでしょうね。

|

中古の新しい原付

00zero 先日のこと、原付で出かける時、倉庫の前でエンジンをかけようと
少し前に新車になったばかりの原付なのですがバッテリーが逝かれているので
スタートボタンでは掛かりません。
足でキックしてかけます。その際、アクセルを開いてないと掛かりません。

いつもは殆どスタンドを立てて(両輪が浮いた状態で)エンジンを始動するのですが
この日はスタンドを立てない(タイヤが地についた状態)で始動しようとしました。
いつもより掛かりにくくキックしながらアクセルをフルスロットル状態にしたときに
エンジンが掛かりました・・・

エンジンが掛かったと同時に機械ですから当然勢いよく走り出し、それを止めようと
ブレーキを握ったのです・・・がブレーキを握る行為によりアクセルはフルスロトの
ままを維持しているわけで02kanb

昔店の壁面につけていて交換した際に外して倉庫の前に立てかけてあった看板に壁を
登るような状態で進み・・・僕が両手で握り締めているハンドルを中心に原付は空中
で一回転地面に叩きつけられました。
看板にはタイヤ痕が残っていました。

03kizu 両膝に小~中学校時代に走って転んだ後を彷彿させるような擦り傷と作業ズボンの右膝辺りには穴が開きました。
くず口には昔だったら赤チンを塗ったでしょうが絆創膏を貼りました。
風呂に入った時や絆創膏を剥がす時は痛かったですがちょいとばかり懐かしい感じもしました。

その後、その原付に特に支障はないなと乗っていたのですが、若干異音がするというか
走行時の音がやや大きくなったような気がして少し気になっていました。
もともと中古で1万円位で購入したものでカウル等の割れも最初から幾多もあったので
すが全体を見渡したらカウルの割れが増えていたり継ぎ目が外れていたりしたので
この継ぎ目の外れによる風きり音が大きくなったんじゃないかと思い直しました。

後輪の上下運動というか‘ふわふうわ感’を時々感じながら一週間弱経った頃、家から2Km程
の所で信号待ちから発進したらエンジン音が波打つようにぐわぁんぐわぁんといい出し
だんだんその音が大きくなりその後はがぁ~んバリバリィ~~~~~~~と大音響
路肩に停め確認したらマフラーが無くなってた。
音が大きくなった地点迄歩いてみたらマフラーが落ちていました。
一回転した日からマフラーはゆらゆらしてたのでしょう、それが‘ふわふうわ感’の
正体だったのです。

04ma_1  05ma_2  06ma_3    

Nb_3 マフラーが折れて落ちただけではなく致命的な損傷も見つかり新たに原付の中古を買い
ました。前の原付より若干小ぶりですが元気に走っています。

|

三笠フーズの事故米使用問題について

Image279 去年あたりから大きく取り上げられている食の問題で当店の取り扱い商品で直接的に関係してきたのは今回が初めてになるんだろうか?
初めてではないけどこれまでは製造時期やロットが違うからということで
まぁ対岸の火事くらいに見ていて、さして問題にもならないで済んできたのだけど今回はそうも行かないのではと思っています。

今回の三笠フーズの事故米に関しての記事
「事故米で作った焼酎を自主回収 鹿児島のメーカー1社」 
今日のお昼のNHK全国ニュースでも取り上げられていました。
問題の「宝山」は当店でも芋焼酎のなかで売上げ上位に位置する商品です。
早速、仕入先に問い合わせたところ
「自主回収に上げられている期間の製造ロット(製造期間:6月13日~8月22日)
とは違うので問題はありません」という回答だった。
裏を返せば「問題はないから販売しろ」と「回収しないぞ」って言うことなのかも知れないけど消費者にしてみれば買うのを手控えるのが当然の成り行きになると思います。

【当店で現在在庫している「宝山」は問題の商品ではありません!】とここにも記して
おきますがメーカーも流通関係も我々小売業者もそして、いの一番に消費者の皆さんに
も至極迷惑な話です。

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »